ゴルフというスポーツは仕事であり趣味です

ゴルフというスポーツは仕事であり趣味です

ゴルフというスポーツは仕事であり趣味です

ゴルフというスポーツは社会に出て働き出したときに、仕事の面で役に立ちます。
今では古くなってしまった言葉ですが、ゴルフ接待です。

ときにはゴルフができるというだけで、社内でとても優位な立場になることもあります。
お仕事での取引先やお客様をお連れしてゴルフをします。
必ずゴルフ接待をしなければならないという訳ではありませんが、企業同士の提携をしている場合には交流という意味を含めてゴルフをすることがあります。
ゴルフ接待はスポーツというよりは、仕事のひとつという意味がとても強く、ゴルフ中であったとしても商談をしながらゴルフをする事もあります。

ゴルフはとても難しくて、長く続けられるスポーツだと考えています。
地面に置いてあるわずか40グラム程度のボールを打つのですが、ボールを真っ直ぐに飛ばす事がなぜ難しいのかと常に頭を抱えています。
ボールを真っ直ぐ飛ばすには、姿勢を美しく保つことも必要ですし、身体を捻ってゴルフスイングをしますので、身体の軸がぶれない様に踏ん張るための脚力が必要となります。
体力や筋力よりもメンタル面を重視されることもあり、ゴルフと言うスポーツはメンタルが7割で技術が3割であるとも言われています。
ゴルフ技術の向上よりも精神的な向上も必要であるという、難しいスポーツです。

一昔前までは、ゴルフというスポーツはお金持ちの人のスポーツであるというイメージがとても強くありました。
ゴルフコースもとても高かったです。

1ラウンド2万円以上するゴルフコースもありました。
ですが、時代が変わり昨今では、誰もが楽しめるスポーツになりつつあります。
ゴルフ道具を揃えるにも、とてもリーズナブルな価格で道具一式を揃えることができるようになりました、ゴルフコースも昔に比べて安くなりました。
また、インターネットを利用して誰もが手軽にゴルフコースの予約ができるようになりました。
ゴルフはオリンピックの種目にもなるかもしれないと言われているスポーツですし、ゴルファー人口も増えてきました。
これからの発展がとても楽しみなスポーツです。

Copyright (C)2014ゴルフというスポーツは仕事であり趣味です.All rights reserved.